・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.9   君の素材に嫉妬する          (2005.12.08 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回はキルト教室の日欧の違いを書きましたが、そのつながりの話しを少し。

 フランスで2泊3日のキルトセミナーを開催した時に、ミシンの調子の悪いものに当たってしまった人がいました。当然作業は人より遅れてしまうわけですから、イライラしたり不機嫌になって怒り出す人がいてもおかしくない場面です。でもそのドイツ女性は、終始物静かに対処していて、パニックにも陥らず頑張っているのです。その姿は、しっかりと「個」を持った大人の女性として、私の中に強い印象を残しました。
 私たち講師は、夕方5時になると休憩で町の見物に出かけたのですが、セミナー主催者はこっそりそのドイツ女性を誘い、いっしょに楽し時間を過ごしました。そんな配慮にもまた、成熟した人間関係を感じずにはいられませんでした。
 セミナーの参加者の中には、自分の誕生日プレゼントとして家族から送り出されたという人、夫が3ヶ月の休暇を取って小さな子ども3人の育児、家事を担当して主夫をやってくれているので参加できたという人など、家族関係の中でも女性の「個」の部分が尊重されているのを感じました。そして、お金を払っているのだから、いろいろやってもらって当然というような態度の人は、ひとりもいなかったことも、爽やかな気持ちの良さを残してくれました。

    きものという再生を考えた文化

 今回の旅であらためて感じたのが、日本はキルトの素材に恵まれているということです。新しい布に加えて古布の種類の豊富さは、日本特有のきものという文化の、偉大なる遺産に他なりません。
その点洋服は、お古という形であくまで洋服として再利用されるのが主で、唯一リネンなどの

テーブルウエアやカーテンがキルト素材としては使い勝手がよいといえるでしょうか。 
 布を再生するために、日本のきものほどよく出来たデザインはありません。何しろすべてが直線裁ちですから、ほどけば長方形の形になります。こんな文化をもった日本人は、すごいと思いますね。小さい頃から10歳くらいまでは四つ身のきものを肩上げしては着て、本裁ちのきものは解いては洗い張りして、着るだけ着たらじゅばんにしたり、座布団や布団皮にしたり…。
 絹・麻・木綿・モスリンなどの素材が、紬や絣、藍染や友禅などの織りや染めの多種多様なきものとしてまだまだ残っていることを考えると心強い限りです。

 でもそこで重要になってくるのが、そうした貴重で大切な古布を自分の手でどう料理できるかということです。キルトも料理と一緒で、素材が良くても、そのものの味を殺してしまうような調理や味付けでは、手を加えた意味がなくなってしまいます。
 以前私の作品を見たフランス人に「あなたの素材に嫉妬する」と言われたことがありました。文化も歴史も違う国の人にそう言われ、日本人としてこの藍染めの古布をどう使えば生かせるのか、真剣に作らなければいけないと思ったことでした。
 古い布を切り刻む時、「きっといいものにするから、ごめんね」と心の中で言い訳をしながら切っている自分がいます。また、何度も出しては眺めるけれど、やっぱり鋏を入れられなくてしまい込む布もあります。素材をいつくしむ気持ちが、どうすればこの布たちを生かすことができるだろうかという思いにつながってくるのだと思います。
 布との付合いは奥が深く、話は尽きません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back