・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.8  お教室という場所          (2005.11.21 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 イタリアで不思議に思ったのが、針仕事はすべて「トラプント」の一言で表現するということ。
 日本だと「縫う」「刺す」というように動作の違いとして言い分けられ、またさらに細かく、本返し縫い、半返し縫い、まつり、三ッ折ぐけ等と分類されています。
 ところがイタリアでは全部ひっくるめて「トラプント」なのですから(これは洋服の仕立て職人の世界でもそうなのか知りたいところです)、デモンストレーションでは手つきを見てわかってもらう他ありませんでした。
 イタリアの女性たちはあまり針仕事をする必要がないのかもしれません。普段着とはいえ、洋服の方が着物を縫うより難しそうですし、そういったことはプロの仕事として確立していた社会が早くにあったのでしょう。以前、ローマ在住の日本人の女の子が「母は針仕事は得意でないのに、近所中からちょっとした洋服の直しや裾上げを頼まれて忙しくしているから、先生がイタリアでそうしたお商売をしたら、きっと成功するわよ」と言われたことがありました。(アメリカに住んでいた時も、クリーニング屋さんに「キルトします」とか「裾上げします」という張り紙がしてあったのを思い出します)。
 イタリアという国は、それより何より家庭の主婦に求められるのは、おいしい料理が作れること。それが第一条件のようですね。子供や男たちが「ああ早くうちのピザが食べたい!」と満面の笑みで語る表情が忘れられません。

    日欧のキルト教室の大きな違い
 
 イタリアやフランスのキルト教室では、ある技法に関して習得すると、また別の教室で別の技法を習うというのが一般的だそうです。
 ですから私の教室の生徒さんの中に27年も通っている人がいると言うと、もう目を丸くして驚かれました。この違いはどこからくるのでしょうか。



 日本のお稽古事は名取免状をもらうというシステムが浸透しています。キルトの世界も大きな教室ではそのシステムで運営されていて、その分キルターの裾野は広くキルト人口も短期に多くなりましたが、ヨーロッパではまず自分という核があり、自分が何を表現するかが一番大事とされます。そうなると、テクニックの基本だけ教わればあとは自分の創作領域という考え方なのだと思います。
 一方、私の教室は免状制ではありませんので、卒業するかしないかは本人の思い次第です。そんなシステムの中で20数年も通っている生徒さんたちがいることをフランス人に不思議がられて考えてみました。
 
 長年私の所に通う生徒さんたちは、自身が大勢の生徒を持つ講師でもある場合があります。彼女たちは、自分の得意とすることだけ教えていたのでは幅が狭くなりますので、私のところでその幅を広げるという目的もひとつはあるでしょう。またテクニックの問題だけでなく、「自分らしいキルト」を追求しているのだと思います。
 時に背伸びして気取りすぎた作品を作ることもありますし、スランプもあります。しかし作品をみんなの前に出すことによって、ひとりで家で見ているときとは違い、自分も仲間と一緒に客観的に結果を受け止めることで、自分の何かが充実していく実感も味わえますし、低空飛行の状態から早く抜け出せるようなアドヴァイスや励ましを受けることもできます。それが仲間が集まる教室のいいところなのではないでしょうか。
 でも、最終的には自分の身の丈に合った作品を作ることの心地よさを知ること。つまり自分がどんな人間なのかをしるということでもありますが、それこそキルトを作る思想であり、哲学なのかなと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back