・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖  vol.7   フランス・キルト紀行          (2005.07.23 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エルバ島での日程を終え、ベニスでゴンドラ遊びをしてパリに移動しました。ノートルダム寺院の側のサントシャーベル教会で聴いたビバルディの「四季」のコンサートは、荘厳な雰囲気の中で心が震えるようでした。
 この季節のヨーロッパは日が長く、何と日没が10時頃。その分夜の時間が楽しめて得したような気分です。
 パリからボルドー地方のジェアンへ。そこで南フランスパッチワーク協会主催の2年に一度のキルト展があり、友人のカトリーヌの作品を見たり、マリージョゼからの取材を受けたりパッチワークのファッションショーに招待されたりと内容の濃い時間を過ごしました。
 ここはピエール山脈の麓に位置するスペインとの国境の町。余談ですが、バスク地方の男たちの魅力的なことといったら!正直くらっとしました。しかも年配の男たちがたくましく素敵な風貌をしているのです。私がもう十年も若い時にここに来ていたら永住したいと思ったほどです!   
 そしてゲランド半島の先端のクロアジックに移り、そこのホテルで3日間のキルトセミナーを行いました。
 初日の朝9から12時までは、私のキルトに対する考え方や日本のキルト事情などをお話し、午後からの残りの2日半で、1メートル四方のキルトの、少なくともトップを完成させてキルトをかける段まで持っていくというのが目標のハードスケジュール。12時から2時までの昼食休憩のあと、5時までレッスン。その後8時くらいまで自習して、8じから10時までは夕食。その後も会場に戻って夜中の12時過ぎまで縫っていた熱心な人もいました。
 みなさん高い授業料を払って参加してくださっているので、とにかく十分学べた、楽しかったと言ってもらえること。その気持ちは強くありましたが、アシスタントをしてくれた私の生徒さんたちの一生懸命さ、日本のキルトの持つ良さをフランスの人たちに伝えたいという強い気持ちが

わたしを今回のセミナーの講師に選んでくれた主催者、キルトマニアのキャロルの心を打ち、なんとわたしたち全員のホテル代を持ってくれることになりました。みんなはびっくりするやら、嬉しいやら。どんな様子か想像がつくでしょう?

  
   キルトを作り続けていていいんだと・・・



 ゲランドは塩が特産物として有名ですが、14世紀の古い町並みが色濃く残る、絵本そのままのような所がありました。昔の人たちはそんなに小さかったのかしらと思うほど家もドアも小さく、私たちはガリバー気分でした。
 石造りの家も石畳も時代を経て丸みを帯び、すべてが穏やかなたたずまいの中では、ゆっくりといろいろな時間が流れているのを感じます。町を歩くと、どこからか水の流れる音や教会の鐘の音が響き、それらが空気の中に丸ごと溶け込んでいます。
 古いものを壊し新しいものを生み出す快感もあるでしょうが、ずっと変わらず使っていくこと、そして続いていく時間のすごさを思いました。
 生命に限りがあると分かっているからでしょうか。続いているものを見るとやすらぐのは不思議です。そして、私もこうしてキルトを作っていていいんだと思いました。次に申し渡すものを伝えていれば、自分はずっと生き続けているのと同じだと。
 
 予断ですが今回の旅は、ほとんどきもので過ごしました。絹芭蕉や越後上布の夏きものに博多帯のいでたちは、ヨーロッパの人たちの興味を引いただけでなく、私のキルトに使用している古きものが、長方形で再生を考えた日本の文化であることも、よく説明できました。それにしても、白足袋や襟が日本のように汚れないのには、驚きました。空気の汚れの差でしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back