・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.6 イタリア・キルト紀行          (2005.07.06 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 予定通り5月17日から6月3日まで18日間、イタリアとフランスを回ってきました。今回はその旅行記をお届けしましょう。
 
 成田からまずパリに飛んで飛行機を乗り継ぎ、イタリアのピサに着きました。そこからキルト展の催されるエルバ島へはバスで移動。
 会場は海の先端に突き出ている八角形の奇妙な形をした塔で、その昔は海からの外敵を見張る目的で建てられたようです。塔といっても三階建ての建物で、内部は白く塗り替えられ、螺旋階段が付いていました。
 「第1回国際イタリアキルトフェスティバル」と名前は大きいのですが、私たちが行ったから「国際」と付いたのかしら・・・と思わず囁きが洩れるような規模でした。
 日本やアメリカのように、キルト展といえば一大コンベンションセンターで、コンクール会場もあれば売場のブースも何百となくあるといった大掛かりなものでなく、歴史を感じさせる古い建物の中に小じんまりと展示される形式を取っています。建物自体が歴史も雰囲気も持っている場所なので、そこに数多くのキルトを展示するとなると、しっくりと統一感のある――とは言いがたい面も出てきてしまうことでしょう。
 
 イタリアやフランスのキルター人口は、日本
とは比べ物にならないほど少ないのが現状です。針仕事の歴史は古いのですが、日本女性のように家族中の衣服を整えるいう習慣がないようで、ちょっとした衣服の直しは洗濯屋などの専門職に任せるのだそうです。
 イタリアにおいて女性の最も大切な仕事は家族のためにおいしい食事を作ること。趣味といえば刺しゅうやレース編みが主で、キルトにまで広がらないまま現在に至ったのではないでしょうか。
 
 でも7会場ある中では、我が会場はダントツの人気を博しました。私の作品12点と生徒たち9人が1点づつの作品を展示したのですが、イタリアの人たちに喜んでもらえたことは、とても嬉しいことでした。
 

ちなみにイタリアでは縫うといえば「トラプント」のひと言で、ピーシングもキルティングも、ブティさえトラプントです。職人の世界ではどうなのか、今後調べてみたいところです。

     システィーナ礼拝堂のような・・・
 
 旅行にはハプニングが付き物ですが、今回はのっけから幸運が舞い込みました。
 イタリアらしい(!?)手続きの遅れでエルバ島に行く船が1台遅れてしまい、先が思いやられるという気分になっていたところ、船内でイタリアの地方新聞の記者に会い、急遽取材されたのです。翌朝の新聞に結構な大きさで紹介され、なかなかいい気分を味わいました。
 そして5月に発売されたばかりの私の30周年記念本「藍と更紗」(日本ヴォーグ社 2940円)は、持って行った60冊がわずか初日と次の日の午前中で完売してしまい、これもうれしい悲鳴でした。実際の作品を見た感動を、その本で何度も味わえると言っていただき、著者としては本望でした。
 イタリアでの感想の中で「システィーナ礼拝堂に入った時のような、身を洗われるような感動を覚えました」というのがあり、それこそうれしくて感動しました。
 システィーナ礼拝堂といえばミケランジェロの「最後の審判」が展示してある教会です。キリスト教のことは何も知らない私ですが、大変栄誉なお褒めの言葉だと受け取りました。

 ホテルと会場の行き来はタクシーを利用しましたが、そのタクシーの運転手さんが、何かに付け「人間はおいしいものを食べてぐっすり眠れば、すべてのことは何てことないさ」と言うのを聞いて、同じ現代に生きている日本の暮らしを思いました。
 歴史に晒された古い町並みの至る所に修理された跡があり、個の命はたかだか何十年だけれど、連綿と続く時の流れ。その大きなうねりの中では「すべてのことは何てことないさ」という気持ちに私自身なっていたのが、不思議でもありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back