・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キルトつれづれ帖 vol.5 青は遠い色          (2005.06.20 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前回のタイトル付けの話しを、もう少し。
 
 ある時知り合いから「アンタの付ける題名は文学的に過ぎる。もうすこし平板な当たり前の言葉で付けたらどうか」と言われたことがありました。
 確かにその頃は、季語集の本を参考にしたり、「諸橋漢和辞典」なんていう28万円もする本をタイトルの参考のために買おうかどうかと思ったこともありましたが(この本はあまりの高額にさすがに入手は断念しました)、題名に説明がいるようなやたら観念的で難しいものは長続きしません。ですからその知人のアドヴァイスに、(そう言われればそうかもしれない)と思い、作品にも作風の変遷があるように、タイトルに対する姿勢や考えも少しずつ変わっていきました。
 
 今までの題名で一番うれしかったのは「宇宙」。エスカレーターで上ってきてこの作品の前に立った4、5歳の男の子が「お母さん、見て、見て。宇宙だよ、宇宙だよ」と叫んでいるのが聞こえてきた時です。題名が読めたわけではなく、素直に「宇宙」を感じてくれたのですから、こんなに本望なことはありません。
 もうひとつ、「流氷」という作品を見て、北海道の北見から来ていた人が「ふるさとの流氷はこれです!」と言ってくれたことがありました。本当の流氷を見たことのない私でしたから、面映いながら、やはりうれしかったですね。
 
 私の部屋のベランダは、南に向かってさえぎるものがない広い空が眺められます。日々の季節の移り変わりを、肌で感じながら観察すると、光の色合いも湿度も風の香りも違っていることに気付き、心が動きます。
 特に季節ごとに表情を変える夕日の素晴らしさは、身体に沁み込んできます。こんな思いは、誰かに伝えたくなるほどの塊となります。そんな時、この塊があるからこそ絵空事のぬりえにならないで作品作りができるのではないかと思うのです。
 ベランダの山椒の木に、この前まで茶色の虫

のようなものが付いていて、気持ち悪いと思っ
ていたら、見る見る小さな新芽の形になりました。それを見たとたん、思わず「かわいいねえ」と声に出していました。他愛ない話ですが、生きていることの喜びを実感できる出来事は日常に溢れているのです。
      
       柔らかな感覚を育てる

 去年フランスで作品を展示した時に、「微光」という作品の前に立った男性が、
 「このパッチワーク・キルトは他の作品と違う。僕はここに立っているのに、身体が吸い込まれていくんだ」と言ってくれ、その言葉は作家冥利に尽きるものでした。なぜなら私のキルトが目指すものが、それだったからです。
 
 谷川俊太郎さんが「青」という色について書いたものにこんな詩があります。

 「どんなに深く憧れ、どんなに強く求めても、青を手にすることはできない。すくえば海は淡く濁った塩水に変わり、近づけば空はどこまでも透き通る。青は遠い色」

 この言葉に出合った時、自分の求めていたものとすーっと重なったのです。藍の青は、通り抜けられる色なのですね。以来ずっと、そんな作品にたどり着きたいという思いを抱いてきました。海の青、空の青を詩人の心で感じ取れるような柔らかい感覚は、キルトを作っていなかったら知ることもなかったと思います。私は本来は大雑把な人間ですが、少しでも細やかな感覚が育ってきたとしたら、ひとえにいいキルトを作りたいという思いがあったからだと思います。
 
 そこで私のいつもの結論。私のキルトと人生は切り離せないものなのです。そして、細やかな観察で感受性を磨くことは、人生すべてを豊かにするとともに、キルトにも必ず反映されてくるということなのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back