・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.4 作品のタイトル          (2005.06.03更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今回は作品のタイトル付けについて、お話ししましょう。
 私のキルト教室の作品展は去年で21回を数えましたが、初期の頃はパッチワークといってもあまり世に知られていない時代で、いわばみんな初心者でみんな未知数で足並みのそろった作品展となりましたが、それでも各々の作品にタイトルをつけていました。
 6回目の作品展など俵万智の「サラダ記念日」が流行った頃で、タイトルに短歌を付けようということになりました。

  先生が 欲しいと言うほど よい絣
    生かすことできて ほんとに良かった

  みどりいろ つないでいるうちに 遊歩道
    キルトしていると 歩いてる気分

  はじめての 大作の仕上げに 胸躍る
    最後の一針 おしみつつおく

 しかし作品展の回を重ねるごとに、題名をつけるのも一苦労。それでもこだわった理由として、私はタイトル付けを「画龍点睛」に近いものだと思っているからなのです。
 生徒さんの作品の題名を初期の頃は私が付けることが多く、作品作りを始めから見ているし、頼られれば応えてはいましたが、次第にそれは本人のためにならないと思うようになりました。
 自分で布選びをしデザインを考えチクチクと手を動かしているのですから、「いい題名が浮かびません」とか「分かりません」というのは、あり得ないはずなのです。何も考えないで作っている人は、いないと思うのです。
 先ほどタイトル付けは「画龍点睛」だと申しましたが、その最後のツメの部分を他人任せにしていたのでは、キルト制作そのものに対する姿勢にもかかわってきてしまいます。そう考える



ようになってからは「私に付けさせると高いわよ」と言っておどかして、なるべく自分でつけさせるようにしています(笑)。

    いい言葉はネタ帖に書き込もう!

 作品にぴったりの題名を思いついた時は、それはうれしいものですよ。題名によって作品自体が何倍も素敵に見えてきますし、力づけられたりもします。
 私など日頃から、言葉がイメージを喚起する力というものに畏敬の念を抱いていますので、題名付けはおろそかにできません。作品にまるで一篇の詩が添えられるようなものとも思えます。
 私が生徒さんによく勧めるのは「ネタ帖を作る」ということ。書き留めるということが重要で、人はいいことを思いついて絶対に覚えておこうとしても忘れます!そこで、誰かの言った言葉でも読んだ活字でも、これは!と思ったらとにかくメモしておくこと。
 それには常に頭の隅にアンテナを張っておくことです。言葉に対して気にしてなければ何も飛び込んではきません。少しでも気にかかる言葉は、やたらめったら書き付けておく。私は少々長いセンテンスの文章も、自分の思いに重なる部分は書き写しておきます。そして時には人の意見も聞いてみたりしながら一番いいものに近づけていくのです。
 人の作品に付いた題名で学ぶこともありますし、言葉に自分が近づく努力をすることで次の作品のテーマが見えてくる場合もあります。
 こういう訓練を習慣にすると目に見えないところで毎日の暮らし全体が変わってきます。観察力が深くなり、自分の作品に対しても細やかな目線で見られるようになります。
 自分の心の動きを追いつつ、余分な力を入れずに素直にぴったりの題名にたどり着けるようになりたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back