・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キルトつれづれ帖 vol.3 布えらび          (2005.05.20 更新)                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


藍染めに魅せられると、本藍かどうか、どれくらい古いものかというようなことが気になり始めました。
骨董市に行きはじめて数年は業者さんに「これ本藍?いつ頃の物?」と質問してばかりいましたが、私が美しいと思えば、本藍にインディゴが混ざっていてもかまわないではないかと思うようになってきました。
ちょうどその頃、表参道にある布の店「青」の女主人が「店名を藍とつけたら、本藍でないものは扱えなくなります。複雑に混ざり合っていて、純粋な本藍かどうかなど、はっきりわからないものもたくさんありますので、あえて青とつけました」と言われるのを聞いて、なるほどと得心がいきましたので、目の前の布を私が美しいと思えるかどうか、そして使いこなせるかどうかで布選びをしようと思い定めました。
それからは、日本の古く美しい布にこだわっていくけれど、現代の化学染料を使用した布でも、私というふるいに掛けていいと思えば使っています。藍だけ本藍かどうかこだわってもしかたないことです。

ただ、味わい深い布、力強い布、陰影のある布など素晴らしい布たちを選べる目は持ちたいと思います。そして、それらの布たちに助けられて私という人間がデザインして縫ったら「こんな作品が生まれました。どう、素敵でしょ?」と言いたいのがキルターとしての本音なのです。
 更紗にしても、布のままで完璧に美しいものは、かえってはさみを入れられないものです。柄がはげて、ぐずぐずに使い古したものほど、


私の腕の見せ所と張り切ってしまいます。
以前、生徒さんのご主人が彼女のキルトを「なんでわざわざきれいな布を切り刻んで、ボロを作るんだ」と言ったそうで、耳の痛い話ですが、物の有り余った現代のキルトには、常にそういう危うさが付きまとっています。

     ちりめん・絹物も実は好き

私は、実はちりめんも大好きです。いつかはまたちりめんの作品を作りたいと思い温めているのですが、「フジヤマ、ゲイシャ」につながるようなちりめんの扱いだけはしたくないのです。「これがジャパンです」という絹物の扱いでなく、国籍は不明だけど不思議な世界への旅に連れて行ってくれる、そんな作品にしたいなと思っています。
 
ちりめんへの愛着と相反して少なからず警戒心もあるのは、小さい頃の体験も影響しているかもしれません。
私は家業が餅屋で、10歳にしてプロの餅職人に仕込まれましたが、小学生の頃から餅を売りに置屋さんに出入りしていました。姐さんたちは各々が自分の部屋にお稲荷さんを持っていて、そこにお餅をお供えするのです。
そんな時垣間見た、姐さんの黒襟についた白粉は、子ども心にもとてもだらしなく感じられたものです。反面、玄関のたたきまで雑巾で拭き、隅から隅までぴかぴかに磨き上げる掃除の仕方には、働き者の日本女性の美しい姿がありました。
そんな思い出もあるだけに、ちりめんや絹物は心して使わなければと思っています。
 
                 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back