・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.21   布という素材の奥深さ          (2010.1.15 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 パッチワークは、「初めに布ありき」と今まで何度も言ってきました。
私たちが使用する布は、すでにデザイナーなり、染師が染めて出来上がっているものですから、絵を描くように絵具をまぜて色を作り出すようなことは原則としてしません。

 パッチワークは大きな布を一枚だけで作るのではなく、小さくカットしたものを使うので、一枚の布から多数の表情を持ったものに変わります。このことはパッチワークの大きな魅力の一つになっています。

 以前フランスで私のキルトを見た男性に「この作品の前に立つと、自分の身体が吸い込まれるような、不思議な感覚がする」と言われ、涙が出そうなほどうれしかったことがあります。
それは、まさに自分が目指したものだったからでした。
そんな感動を忘れずに、一点一点をおろそかにせず作ろうと気持ちを引き締めるのです。

 とにかく次から次へと「作って作って」の時期は、自分には過ぎたと思いますが、そのような時期の人にも、失敗して途中で投げ出すのだけはしないで欲しいと思います。

 不本意な出来でも、投げ出さないことにこそ意味があると思います。    

土門拳さんのドキュメンタリーを見て

 先日、土門拳さんのドキュメンタリーをテレビで見て、感じることがたくさんありました。


ヒロシマでの原爆被爆者の手だけをアップした写真、筑豊の廃鉱の畳も朽ちてぶずぶずと波打っている住宅で、妹と二人きりで暮らす一二歳の少女の顔。

 何よりまったく作為の見えない、静かさに包まれます。
そして、写真の中に吸い込まれて一体化している自分に気づくと、自分がキルトで目指しているものと同じだと感じるのです。

 また、脳梗塞で倒れた晩年、雪の室生寺を撮るために宿に長逗留し、予定を一日延ばしたその日に待望の淡雪が降ります。
車椅子に乗り、弟子さんたちに抱えられて撮った念願の雪の室生寺でした。

 その後程なく土門さんは亡くなりましたが、「もしあの時に雪が降らなかったら、二年でも三年でも雪の室生寺が撮れるまで、先生は生きたと思います」という弟子の言葉に、人が生きていることの深淵を教えられたような気がしました。

人は本当に、何で生きているのでしょうね。

 その答えは私には分かりませんが、私には生きる手立てとしてキルトがある、その幸せをかみしめています。

 年を取ったから丸くなって、ほどほどになんてなりたくない。
最後までキルトと真正面に向き合って、前を向いて生きたいと、改めて思ったことでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back