・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.20   弛まずおごらず          (2009.12.25 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 2009年の黒羽志寿子サークル展も、実り大きく終えることができました。こうして毎年、日本のどこかでサークル展が三十数年間も続いているということは、しかもすべて自分たちの手で開催できているということは、みんなの力が集まった時のエネルギーのすごさを、改めて感じます。
 私の考えは私ひとりのもので、何ほどのことができるわけでもありません。みんながキルトに情熱を枯らさず、作り続けてきたからこそ、できることなのです。

 今年は私のスタディツアーに、手話の専門家をお願いしました。聾の人たちにも、キルトの魅力を知ってほしい、楽しい世界を紹介したいと思い、始めたことでした。会場ではマイクを持ってお話する私のすぐ側に手話の通訳者が立ち、七、八十人の観客の一番前には聾の方たちが大勢集まって、目を輝かせていらっしゃいました。
 ここに来た人から、また一人でも二人でも仲間が広がっていくことを願いながら、弛まずおごらずを柱にして、こんな試みも続けて行こうと思っています。

 輝く一瞬を迎えるには

 長年生徒さんを見て、思うこと。それはある瞬間に、今まで目立たなかった人が、パッと輝くことがあるということです。えっ、あなた今まで眠っていたの? と言いたくなるほど、すごい作品を作る瞬間があるのです。
 キルトは、写真のようにシャッターを切る瞬間に、偶然に起こる奇跡というのは、ほとんどありません。キルトは、その人の力が反映されるものと言っていいのではないでしょうか。というより、キルトはその人自身を投影しています。   


 「この作品もあなたよね」「あの作品もあなたよね」という中に、ある時「えっ」と周りがうなる作品が生まれる――。それは、継続こそ力で本人の努力に、研ぎ澄まされた感覚が合わさり、自分の気持ちにピタッと焦点の合った、完成度の高い作品になる。  

 この輝きを一度手にした人は、もう前に戻ることはないものです。その時に感じた大事なことが、すとんと胸に落ちたわけで、前に進むしかありません。ある感覚が開いたのですから、そこに栄養を与えて行くのが、私たち先生の役目でもあります。    
 
仲間の力が大きい

 輝きの一瞬を手に入れるには、仲間の力がとても大きいのです。自分はセンスもないし、平凡な人間と思っている人が、教室で仲間のいい作品に接し、うらやましいと思いつつ目を肥やしていきます。それが、一挙に開花して、輝きの時を迎えるのでしょう。

 これが先生からだと、与えられてしまうのですが、いい仲間に囲まれ、切磋琢磨することで、自分が一生懸命求め自分で作り出す。それでこそ、その人の本当に力になり、輝く一瞬も手に入れられるのだと思います。

 まずは、その高みに到達したいと思い続けること。では、思い続ければいいのかというと、そうも行かないのですが、とにかく貪欲に思い続けることしかありません。
 そして、丁寧にものを見て、丁寧に話を聞き、けっしてぞんざいに時を過ごさないことです。人のキルトの素敵を寄せ集め真似ても、素敵なキルトにはならないような気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back