・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キルトつれづれ帖 vol.2                                   わたしの布との付き合い方          (2005.05.06 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎日が飛ぶように過ぎていますが、5月にはイタリアとフランスでの展示、ワークショップが控えています。今回の訪欧は、昨年9月に招待作家として渡仏した際に、イタリアでの「第1回キルトフェスティバル」にも参加してほしいというお話があり、今年のフランスでのワークショップの日程とうまくつなげられたので、5月17日から6月2日までになりました。若葉薫る美しい季節のヨーロッパ・キルト体験は、また追ってご報告しますね。
 
 さて今回は、布との付き合いからお話しましょうか。たとえば今私の手元にあるこの大風呂敷。古いベージュの草木染めで「文子」と刺し子がしてあります。退色して枯れたような地色に、明度を合わせたグリーンの木綿糸が選ばれています。「うーん、なかなかだわい」とまずひとうなり。
次に、端っこに施されたつぎはぎですが、当て布の選び方、糸の選び方、そして何より端の始末がなく、そのままの断ち切りを運針で二重に縫っただけで、しっかりと繕いの目的を果たしつつ、常識に縛られない風通しのよさまで感じさせてくれます。昔の人がなにげなくやっていることから、どれほどのことが学べるかと驚いてしまいます。
こんな古布の洗濯、ピースのカットを自分でしないで人にまかせていたら、私は何も気付かずじまいだったということになります。古布に触り、何を感じるかは人によってまったく違いますが、すでにその段階から布との付き合いは始まり、作品作りも始まっているといっても間違いないでしょう。
私は、昔は布をカットする作業の単純さが
苦手でした。でも今は、古布の汚れ、つぎは
ぎ、裏表の色目などを確かめながらの布との会話が、ひょっとしたらキルト制作の一番楽しい時間かもしれないと思うほどです。




     縫いやすい日本の古い木綿

私が藍染めの古布にたどり着いたのは、藍そのものの美しさもさることながら縫いやすさ、針通りのよさも大きなポイントでした。

アメリカで初めてパッチワーク・キルトに出合いましたので、帰国後も当然のごとくアメリカン・コットンで縫っていました。
その頃の日本はコットンの種類も大変少なくブロードなども使ってみましたが、かたくて手が痛くなりました。身近にあるいろんな布を試していく中で白絣や藍染めなど、柔らかくて縫いやすい日本の古い木綿の着物に出会ったのです。当時は田舎に行けば古い藍染めなどは捨てられたり燃やされたりしていた時代ですから、安く手に入ったのも幸運でした。

布にはそれぞれ特徴がありますが、ブロードは打ち込みが強く、きりっとした色に染まっていますのでビビッドな印象になります。
それに対して藍染めなどの縫いやすい穏やかな布というのは、その質感や色が、目に届くまでの空気と混ざり合って、やさしく伝わるような気がします。日に晒されて退色した色たちが持っているやさしさ、馴染みやすさは、始めから薄い色で染められた布とはまったく違う味わいのものです。
質感というのは、布の糸味とも言い換えられるでしょう。視覚だけでなく感覚のすべてでその布を受け止める、この糸味こそ私が最も大事にしているものなのです。

               
          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back