・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キルトつれづれ帖  vol.19     藍の美 ジャパンブルーの世界          (2009.12.22 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく中断していましたこのコーナーですが、再開することになりました。私の日々の暮らしを通して感じたキルトへの思いを引き続きつれづれなるままにお伝えしていこうと思います。




    今年も一年よく働きました!

 2009年も、はや師走。    
 今年を振り返る時期となり、びっくりしています。 ある占いによると今年の私は大殺界とかで、何年に一度の厄年だったようですが、とりたてて大きな不幸にもみまわれず、やり過ごせたようです。    

 久々のお目見えですので、やはり私の仕事状況からご報告させていただこうと思います。    
 今年は一月に初エッセイの『黒羽志寿子[キルト術]』(晶文社)を出版し、十月には『黒羽志寿子のテクニックノート』(日本ヴォーグ社)を出しました。    

 そして2010年1月の東京国際キルトフェスティバルでは、特設に「ジャパンブルーの世界」というブースを作るに当たって、半分は阿波徳島の伝統的な日本の藍ができるまでを展開し、もう半分で私の作品を9点展示するという大きな企画をいただきました。    

 この秋は、それに向けての作品作りに励んでおりました。私の作品は藍と更紗を素材にしておりますが、9点の中に新作をどれだけ出せるかは、とても大事なことだと思いました。    
 それは、私が現役で作品作りに日々精進している証というべきものです。    




 決して止まっているのではなく、常に歩んでいる自分でありたい、それを見ていただきたいという思いがあるのです。    
 その新作についての解説を、少し書いてみたいと思います。

「宙の海」と「水の流れの始まり」

 「宙の海」という作品は、月探査船“あすか”から見た地球の映像にイメージをかき立てられ、宇宙に浮かぶ地球の姿をキルトにしました。

 藍という素材は、宇宙とか空の闇などの空間を表現するのにもってこいで、今までは地球上にいる私が目を閉じて想像した宇宙を作品にしたものはありました。その視点を宇宙からに移してみたら、という試みで、一気に仕上げました。

 「水の流れの始まり」という作品は、春まだ浅い三月に秋田に旅した時に見た、きらきら光る清涼な川の流れに感動して作ったものです。    
 雪解け水の清らかさ、まだ雪の残る中州の、草の生えている辺りは流れが緩やかに止まったり、また流れ出したりする情景は、胸に深く刻まれるものがありました。
 この二点に加えて「夜風のセレナーデU」、『黒羽志寿子のテクニックノート』に掲載した新作「春の予感」の計四作を、東京ドームにお目見えさせることができて、ほっとしています。   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back