・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キルトつれづれ帖 vol.18    ひとりの母親として          (2006.11.05更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 七十を目前にした今になって、最近しきりに自分の子育てがどうだったのかと思い返しています。
 私の小学、中学時代は、家業の餅屋の仕事のため、学校ではしょっちゅう居眠りというような具合でした。ですから私の知識も何も、とてもいびつです。
 
 私は学校の勉強から学んだものより、その時々のあらゆる実体験をもとに、たとえ広告一枚からでも学べるという生き方をしてきましたので、いわば穴ぼこだらけの知識なのです。
 そんなコンプレックスもあり子育てに自信が持てなくて、息子と娘を進歩的といわれた「スポック博士の育児書」にのっとって育てたものです。
 その後、離婚してひとりで生活を支えながらの子育てでしたから、子どもに淋しい思いをさせまいと、とにかく必死でした。  
 うつぶせ寝がいいと書いてあればそうしましたし、手作りのすすめにのっとって、ほんの少しの離乳食を毎日手作りしては、保育ママさんのところへ持たせました。瓶詰めのベビーフード派のお母さんたちに、そんな目立つことをされては迷惑と叱られましたが、キルトを教えていてどんなに忙しくても手作りはちっとも苦ではなく、身体がさっさと動いてくれました。
 
 私の幼少時代は社会全体が貧しい時代でしたが、祖父母は働き者で、常に小まめに身体を使って働いていました。
 何事も段取りよく働き、生活をこなしていくことが肝心でした。大根の尻尾や玉ねぎの皮一枚余分に捨てても祖母に叱られますから、素材を無駄なく使いきることも、私の身体には染み込んでいます。そんな風に育ててくれたことが、いかに大事だったか、今の私ならわかるのです。


 


 でも、子どもの頃は、本当の親ならもっとやさしくしてくれるはずなどと、反発しながら聞いていますので、その知恵や教えの重要さが分かりませんでした。ですから、自分が親になり子育てをする時に、私は親を知らないのだからと、本を頼りにしてしまったのです。
 本当は何より大事なことを、つまり、生き物を育てるということをするりこの手から逃してしまい、本を鵜呑みにしてしまったことが、とても悔やまれます。自分は祖父母から、生活者として生きる知恵や逞しさを叩き込まれ、いとわずに労働できるいい身体に育ててもらったのに、親となった私は、自分の子どもたちをそんな風に育られなかったのではないか・・・。
 
 子どもは親の背中を見て育つ――とはよく言われることですが、私がキルトに対して真剣に打ち込んできた姿は見せられたと思うし、ひとりの人間として認めてくれてはいると思うのです。でも、それ以上に、何があっても生きていくという逞しさを育てられただろうか、と考えてしまいます。
 子育ての間には、どんなにきつく叱ってでも、わからせなければいけないことがあります。でもそれをするには、親の方も胆力、気力が必要です。私の中にも、嫌なことは避けて通りたいという逃げがあったのかと思いますが、そんなツケは何十年もたたないと分からないのですね。考えてみると、これは戦後の日本中の子育てにいえることのような気がします。
 
 七十という年齢を目前に控えた現在ですが、大人になった息子と娘に対して、「この人の子どもでよかった」と思ってもらえるような関係をきちんと築いていくことが、これからの私の課題と、ひそかに思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back