・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 キルトつれづれ帖 vol.17    何でもやぶりファイル術          (2006.10.22更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 私は雑誌などで気になるページを、すぐに破っ
てファイルする習慣があります。
 
 新しいからしばらく置いてなんて思わず、新刊でも平気で破ります。ファイルは、取っておいたからと安心して、結局活用しないということになりがち。要は、しまう前に見る時間というのが大事なのですね。
 その時に「うーん、これはいらないか」と思ってセレクトしてしまうと、これまた知らず知らず幅が狭まりますので、その瞬間に何か感覚に引っかかったはずのものを取りこぼさないようにと思ってやっています。
 今現在は袋物の企画が進行中で、雑誌でバッグが目に付くと片っ端から切り取っています。そこで参考にするのは、色や形、全体のバランスなどです。そして、私のレーダーに引っかかったのはどの要素かと反すうしつつ、私自身も人をドキッとさせるものを作りたいと思っています。そして実際に制作する時は出し入れが楽で、内側のポケットの大きさや位置、持ち手の工夫を加えるのです。
 私がよく破りファイル術を発揮させているのが、飛行機の座席の前にはさんである持ち帰り自由な雑誌。
 地方の授業のために、月に何度かは飛行機に乗りますので、身近な情報源でもあります。
 先日は「パタゴニア――風が生まれる大地」という記事の寒々としたグレーの風景写真に心を揺さぶられ、そこに添えられた「人類の長い旅の終着点であると同時に、風が旅を始める最初の場



所でもあった」という文章に、猛烈にイメージを喚起されました。
シーンとした大地で風が生まれ、私たちが暮らす所で春の風になる。無機質な荒涼の中から発して、人間の暮らしにつながっている。

作品になるかどうかより、想像することの自由さ。そんな時間の中に身をゆだねていることの楽しさ。面白いものに出合った時の興奮とともに、早速びりびりとその部分を破って、持ち帰りました。
 こんなふうに活字や写真などからワクワクすること、面白いことを見つけてはイマジネーションを膨らませるのもセンスだとしたら、私には少なからず備わったものかもしれません。
 というより、昔から好奇心だけは旺盛でしたが、年とともに面白いと思うことの幅が広がっているように感じます。野次馬根性も必要で、まずは感覚を働かせて、自分の感受性を耕すことが大事と思っています。
 
 でも、こうしたことがすぐに作品作りに反映するわけでもなく、常に柔らかい心でいながら、私の中で歌っていたり、つぶやいていることがいっぱいいっぱいにならないと、出てくるものは豊かにならないということではないでしょうか。
 とはいえ、そうすることが楽しいからやっているに過ぎなくて、勉強だとか教養主義的なことではないのです。この「楽しい」が最も肝心で、すべてのおおもとがここにないと、作品にも勢いが生まれないし、人の心にも届かない気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back