・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.15   コミュニケーションについて          (2006.06.04 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 現代は、人とのふれあいが極度に難しい時代になっています。私が何とか安定した精神で生きていられるのには、ひとえにキルトというものの存在があります。
 自分は一人ぽっちではない、私に共感してくれる人々がいるという確信を、キルトを通して実感しているからこそ、名もなき不安に捉われないで生きていられるのだと思うのです。
 そして、キルトによって自分の伝えたいことが伝えられているという自信が、大きな安心感となっています。自分の立てた目標に向かって制作していると、いつしか達成されそうな予感が強くなっていき、それをバネに次の目標が見えてくる――。そんなことの連続で、長い人生今日まで生きてきた気がします。
 
 現代の若い人たちの生きることへの目標のなさは、目標を持てない社会というものの、一筋縄ではいかない病みようがあると思いますが、一方で自分の人生を切り開く姿勢があるかどうかも問われるところです。
 人生のどんな場面でも、私だったら何かを拾いつかむと思うようなことも、若い人たちは見逃しているという気がします。
 
 たとえばひと昔前までは、展覧会場で感動のあまり知らない人に話しかけて、話が弾むようなことも経験しました。そんな見知らぬ人と気軽に会話することも許されぬような殺伐とした事件が多発している昨今ですが、少なくとも身近なつながりの中で人と触れ合える機会を作れるかどうかは、自分の問題という気がします。
「この人とは肌が合いそう」という感覚を、生身の肉体はとても欲しがっているのですが、その動物的本能に近い感覚を、どうすれば研ぎ澄ませられるのか。そこに、私がよく言う「生きるセンス」がかかわってくると思うのです。




一所懸命なのだけれど、相手が求めていることにズレて反応してしまう人が時々います。「気配り、目配り」と昔の人はいいましたが、相手をキャッチする訓練ができていないと、そんなことになりがちです。
 かく言う私なども、コミュニケーションが上手というわけでなく、勢いづいて乱暴な言い方をしてしまうこともあります。作品の色とかイメージの問題となると、くどいほど手を替え品を替えて説明してしまいます。相手に伝えたいという気持ちから、そんなふうになってしまうのです。
 時に、年のせいでくどくなっているな、と反省したり、でもそれが私という人間のくせなので仕方ないか、と思ったりの繰り返しです。

     ほめるということの覚悟と品格

 現代の若い人たちは、人から疎まれることにとても臆病ですが、それは叱られ慣れてないというより、逆に本当の意味でほめられて育ってないという気がします。
 叱ってくれる人はほめてくれる人でもありますし、仲直りする前提があればこそ喧嘩もします。縁を切りたい人とは、喧嘩もしないでしょう。 
 
 ほめるという行為は、本当はとてもむずかしいと私は思います。長年キルトの講師をしていて、たくさんの生徒さんと接してきましたが、何でもほめればいいのではなく、「あの時の先生のひと言で、道が開けました」というようなほめ方をすべきだと思っています。
 そこそこでほめて有頂天にさせるのは、教える人が一番やってはいけないことと、肝に命じています。 まるで歌を歌うようにほめる人もいますが、よそ見しながらほめられてもちっともうれしくないでしょう。人をほめるには、それなりの覚悟と品格が求められるということでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back