・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖  vol.14   いつもなんとかなってしまうのだ          (2006.05.10更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




蛇足のずっこけ話で、お耳汚しを。しかし冗談でなく、みなさんの注意を喚起する意味でも、恥を忍んで書くことにします。

 昨年の夏のことでした。晴天の霹靂でしたが、ついに私も銀行カードをすられ、現金を引きおろされるという災難に遭ってしまいました。私など、次の日までカード入れがすられているのに気づかなかったくらい、自分がそんな目に遭うはずがないと思っていました。
 いつものバッグにないけれど、どこかに入れ
忘れたかな、でもひょっとしたらという一抹
の不安を胸に銀行で記帳してみると、やられ
た! でした。
 それから警察に防犯ビデオを調べてもらったら、私がATMに入る前から怪しい二人組みが出入りをくり返しており、私が機械を操作している後ろから盗み見していたそうです。そこで暗証番号を見たあと、外の信号待ちの人ごみの中で、肩に掛けたバッグからカード入れをすったという、プロの仕業でした。
 銀行や警察を相手に煩雑な手続きなどに煩わされながらも、ひと息ついた後で一番先に思ったのは、この被害分を取り戻すために、前にも増して仕事を頑張ろうということでした。これまでの人生にも人並みに苦難はありましたが、「あなたは、転んでも絶対何かをつかんで起き上がるよね」と友人に言われてきた自分が、今回もまだ健在でした。
 というわけで、世間でこれだけ多くの人が
同じような手口の被害に遭っているというこ
とは、用心してもしすぎることはないという
こと。私の体験を参考に、みなさんもお気を
つけくださいね。
 


        後日談(staff M)

え〜、このお騒がせな左記の事件には、後日談がございますので、ご報告申し上げます。

左記の文章を書いている頃は、盗られたものは仕方ない、働くしかないではないかと、事件を肥やしに黙々と仕事をこなしておりました。銀行側にも防犯に対する姿勢に落ち度があったので、補償するように交渉してみたものの、うやむやにされて終わり、月日とともに、事件は風化してゆきました。

ところがですね、年明けに銀行が動きを見せはじめ、話しがあると言うじゃないですか。お金が戻ってこないんなら寝た子を起こすようなことしてほしくないよね〜、なんてブツブツ言っていたら、なんと「全額補償します」とのこと。
こんな逆転勝利、本当にあるんですね。

なぜこのような奇跡が起きたのかというと、カード被害の補償に関して銀行側に責任があるという新たな内容の法律が今年の2月1日から施行されたらしいのですが、その法案を国会に提出したのが8月1日で、先生がスラれたのは8月2日。で、最後の最後でその法案に「施行の2月1日以前の被害に関しても補償しなくてはならない」という一文が付け加えられたおかげで、先生の事件あたりから見直しがはじまったらしいのです。

この例からしてもわかるように、先生はどこまでも運がいいのでありますが、こうしてお金が戻ってくると、事件があったことも忘れて、またカバンの口をパックリとあけたまま、西荻の町を飲み歩いております。
またいつか、このようなことが起こるのではないかと冷や冷やしているのは、周りばかりでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back