・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖  vol.13   そこで私は考えた          (2006.4.16 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  前回は少し真面目な話に終始しましたので、この辺で私のずっこけ談義を少々。

 先日、レッスンに行った札幌のブティックで、気に入った黒のスカートを見つけました。素材はポリエステルでしたが、サテンに似たような光沢とてれんとした手触りが面白く、不規則なフレアーが出る不思議なはぎ方をしています。そこで、さっそく試着室へ。
 サイズ11号に淡い期待を抱きながらはいてみると、何とウエストが十数センチほども小さく、ファスナーが三角に開いたままです。自分でも気付かないうちに肉付きよくなっていたのです。
 これではとうてい無理とあきらめかけて試着室を出る時、パッと頭の中にひらめきました。「待てよ、この細いはぎ部分をほどいて少しづつ出したら、十三本分は出せる。それなら自分でも直せるぞ」。
 かくして、さっそく夜なべ仕事の開始です。いつもキルトで忙しいと言いながら、こんな思い付きにはすぐに取り掛かる私なのです。
 二重に縫ってある部分を布を傷めないようにリッパーでほどいては幅を広げ、ウエストの見返しの足りなくなった部分には、娘の古いスカートをちょん切って縫い付けました。普段からウエストが見えるような着方はしないという鉄則がありますから、少々変でもいいのです。というわけで、念願の黒サテン風の不思議なパッチワークスカートが、名実ともに私のものとなったのでした。

 似たようなお話をもうひとつ。もう17、8年も前に買った黒のミンクのコートがありました。当時は一大決心で、分割払いで手に入れたものでしたが、着る機会がほとんどなく、箪笥の肥やしとなっていたものです。これも頭の片隅にずっと引っかかっていたのですが、毛皮あしらいのバッグやマフラーの流行りから、またもやひらめきました。「あれを思い切ってほどいてみよう!」そして、ほどいて平たくした形をそのまま生かして、ショルダーバッグ、ストールなどいくつもの小物に変身させました。

 


一番気に入ったのは、袖のカフス部分の長方形で、手首にはめるだけで暖かくておしゃれなカフスができたことです。裏を両面テープで貼っただけというアイディアに、自分でも惚れ惚れしました。セーターにこれをはめただけで、何と可愛いこと! とひとり笑顔になっています。
 
 こんなふうに、自分だけの密かな楽しみを見い出し楽しむことが、私は好きです。昔の人は壊れたから古びたからと、すぐにものを捨てませんでした。何か他に使えないかと考えたものです。そんな暮らし方は祖母に原点があるのですが、年とともに自分をそのように育ててくれた祖母をすごいと思うようになりました。
 玉ねぎの皮は集めて染物に使ったり、みかんの皮は干してお風呂に浮かべたり、枇杷の葉は煎じて飲んだり、焼酎に浸けて火傷に付けたり、こんな昔風の生活が私の身についてしまっています。
 
 パッチワークの原点も、古布を再生して生かすということにありました。現代では実情に合わなくて、そうでなければならないと一概には言えませんが、少なくとも片方で衣類を捨てては買い替えながら、高価な布でパッチワークするという風潮に少なからず抵抗感を感じるのは、私も古い人間ということでしょうか。

 たとえば、もう着なくなった夫のウールの背広があるなら、思い切ってはさみを入れ、ミシンで四角にはぐだけで暖かい膝掛けや炬燵掛けができます。そんなところに自分のセンスを発揮して、布合わせ、色合わせができ、喜びを見い出せる人こそ、パッチワークが好きな人というのではないかと思います。そこには布と対話し、付き合っていく原点があると思うからです。何もレッスン用や作品用に、特別に布が出現するわけではなく、生活の中で布を使って自分らしさを表現できることが、地に足の付いた生活者でありキルターなのではないかしら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back