・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖  vol.12   水先案内人          (2006.04.01 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私はいつもイベント会場では、できるだけ店先に座って質問に答えたり、実技をお見せしたりするようにしているのですが、米子の会場でこんなことがありました。

 ある年配の方が「どうしよう、どうしよう」と私の前で迷っていました。聞くと「黒羽先生ご本人がこうして店頭にいられるとは思っていなかった。自分の作品を見ていただきたいので、家に取りに帰って来ようかしら」と言っています。
 そして実際に取りに帰って、作品を携えて再度お見えになりました。大勢の人たちが集まるその場で作品を広げようとされるので、それはちょっとご遠慮いただきました。というのも、一生懸命作品を作りそのキルト展に出品した大勢の人たちが、長い時間と労力をかけて作品を展示している場所に呼ばれている私としては、ここで作品に対するアドヴァイスをする立場ではありませんし、そこは公平にしなくては申し訳ないと思いましたので、その人の作品はさらっと見るに留めました。
 でも私の本の中のデザインで、しかも作図や作り方が付いていないものを作っておられたのには、感心しました。きっと本とは違う布の配置をああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら一所懸命作られたのでしょうが、完成にこぎつけられた時の喜びを私に直接、ぶつけてこられる素直さに心打たれました。
 
 そういうキルトへの情熱に対する水先案内
人が、私の役目ではないかと思います。講師 




という職業柄プロ意識を持つのはもちろんですが、アマチュアのドキドキ感ははかなく消えるものだけに、最も大事なものだと思っています。そしてキルトを深く掘り下げていく作業も必要ですが、キルトから離れたいろいろな方向から多面的に物事を見られることが、人としての可能性を広げ、結果的にキルトに深みを加えることにもつながります。
 
 キルトは小さなピースを何万枚もつなげたということで驚き、感心されることがありますが、それはとても一面的なことです。私は、「行き詰まったら常に四角つなぎに戻ればいいのよ」とよく言います。単純な形だけに考え込むと難しいと思われますが、四角形ほど自分の素直な気分を受け入れてくれる形はないのではないかと思います。その単純さの中にも自分が喜びを持って作れるか、その人らしさが表現されているかということが大事なのです。そして、見る人も作り手の生き生きとした存在が感じられる作品にのみ、心動かされるものです。

 大人というのは年を重ねた分だけ余計なものも身につけてしまい、どういう作風がうけるとか、どうすれば褒められるかということを意識してしまいます。でも、褒められたい欲求があるなら、それに向かえばいいと思うのです。誰かを喜ばせたい、褒められたいという気持ち、そして自分はどういう人間で、どういうものを作りたいのか。生きて存在する今の自分に正直に向かえば、次の目標も見えてくるのではないでしょうか。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back