・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  キルトつれづれ帖 vol.11   熱意を持って羽ばたかせよう         (2006.03.22 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて今回は、米子で開催されたsun in quilt festivalのことをお話ししましょう。

 昨年の10月に鳥取県米子市で山陰の地元キルターたちが中心になって大きなキルト展が開催されました。
 その中心メンバーの中に私の昔の生徒さんがいた関係でゲスト講師として招かれたのですが、2年前から彼女に「再来年の10月のスケジュールは米子のために空けておいて欲しい」とオファーがあり、かなり早い段階から、着々と準備にとりかかっていたようでした。
 
 大きなキルト展が各地で毎月開催されているとはいえ、多くは大都市が中心のもの。ならば自分たちの手で作品を発表する場を作ろうではないかと、地元のキルターたちの力だけでキルト展を企画し、実現されたのです。
 米子の場合、5つのグループが集まって、企画、宣伝、会場構成など、それぞれの役割分担をこなして開会に持ち込んだのですから、縁の下の努力はかなり大変だったろうと察します。私も25年以上、自分のキルト展を続けていますが、ひとつのキルト展を開催するのと、多数のグループのそれは、苦労の度合いも違います。

  わたしも搬入の日に、神戸から高速バスに乗って現地入りし、地元のキルターたちのサポートを受けながら会場の準備に取り掛かり、万全の態勢で初日にのぞみました。
 搬入の時から和気藹々としたエネルギーに満ちていましたが、準備に準備を重ねてきたキルト展の幕が上がれば、みな晴れ晴れとした表情で、4日間のお祭りを楽しんでいました。会場にはスタッフとお客さんの熱気があふれていて、実に楽しく気持ちのよいものでした。

 最近では、あちこちで大きなキルト展が開催されるようになり、キルトにたずさわっている私にとっても、みなさんにとってもそうした機会が増えることは本来とても喜ばしいことなのですが、中には「キルト」と銘打てば客が入るとばかりに企画された中身の薄いイベントも多く見受けられ、そういった意味でキルト展は飽和状態となり、イベントの質を保つことは難しくなっています。
 


 しかしこの米子でのフェスティバルに参加して、キルト展でなによりも大切なのは、誰でもない自分たちキルターの熱意だと改めて感じました。

 自分たちの作品を発表する場に主体性を持って臨むこと。平たく言えば、どう参加して盛り上げてゆくか。そのお祭りをどう楽しむか。そうした意気込みは結果として現れて、自信へとつながってゆくでしょう。
 長い時間をかけてできた作品が自分の手元を離れて、多くの人に見てもらえたという何にもかえがたい喜び、会場に足を運んでくれた人たちと直接に触れ合って交流することのできるリアルタイムな感動。自分たちの作品展で得られた貴重な経験は、それらすべてが大きな力となって自分に返ってくるのではないでしょうか。
 結果、 sun in quilt festivalは県内・県外から多くの入場者を集め大成功に終わりました。そしてこの熱が冷めないうちに次回への活動に向けて早速、準備を始めたということです。
 
 作品展を続けていくということは、また別のプレッシャーがかかってきます。期待に胸を膨らませて見に来てくださったお客様に前回以上の感動を味わっていただくためには、ひとりひとりの作品を2割はレベルアップさせなければ素敵とは言ってもらえないのです。
 キルトは、一作でも多く作ればレベルアップしていくはずですが、初心の素直さを手放さないで、自分の中に深さや大きさをどれだけ膨らませていけるか、それが作品に反映していくのだと思うのです。
 自分というろ過器を通して感覚を磨いていき、自分の中の小さな「ステキ」という玉をどう育てていくかは、自分次第です。山陰の人たちが第2回キルト展を開く時、初々しさと初回の想いを保ちつつ、どれだけふくらみを付け加えられるか、ひとりひとりの玉の磨き方にかかっていると言っていいでしょう。 
 
 というわけで、作品展を継続させてゆくには、企画の良さと作品のレベルアップが重要な課題となりますが、彼女たちなら必ずクリアすると信じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back