・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キルトつれづれ帖  vol.1      暮らしの中心にキルトがある          (2005.04.22 更新)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お待たせしました。今日から黒羽がキルトのこと、人生のことをつれづれに語ります。



みなさん、長い間お待たせしました。私のページは1年間も開店休業が続いていましたが、このたび再開の運びとなりました。
布が大好き、キルトが大好きな私の半生を振り返りながら、黒羽志寿子という人間の自伝的ひとり語りに、お付き合いいただけたらと思います。
この1年にもいろいろなことがありましたが、5月に出る『黒羽志寿子のキルト 藍と更紗』(日本ヴォーグ社刊)という本の作品作りや原稿書きに力を注いでいました。
この本は、なぜ私のキルトが30年も続いたのか、みなさんに分かっていただけるような本にしたかったので、幼少期からの私の半生もかなり赤裸々に正直に12本のエッセイに書きました。
本を1冊作るという作業は、片手間にできるものではありません。じっくりと腰を据えて自分の中に蓄積されたものを見つめる必要があります。単にたくさんの作品の中からセレクトするだけでは、わたしのキルトに対する心情はその本に宿らないだろうと思うのです。
そんな日々を過ごしていると、みなさんに伝えたいことがいっぱいありすぎて、うずうずしている自分に気付かされましたので、このネットを通じて、つれづれに語っていきたいという思いを新たにしました。

   今ほどキルトを好きだったことはない

今度の本では今までの集大成として過去を振り返るだけにはしたくなかったので、5年前に出した本以降の新しい作品をいくつ載せられるかが挑戦でもありました。
その作品作りは、50代の頃とは確実に違ってきているのを感じます。私より若い友人が何人も先に亡くなり、「今」という時間、1点1点の作品がとても大事に思えます。
私は、今ほどキルトが好きだったことはないような気がします。キルトが暮らしの中心にあり、1日1日が豊かと思える中で、わくわくしながら作品作りをしています。
私にとって「生きた証のキルト」というのが半生のテーマでしたが、キルトは自分の人生そのものだと言えることを密やかに喜びたい気持ちを分かっていただけるでしょうか。キルトがあったからこそ、毎日を生きる喜びがありましたし、キルトがあったからこそ苦を苦とも思わずに生きてこられたのです。もしキルトに出会っていなかったら、どんな人生を送っていただろう・・・。それは想像もつかないことです。
しかし現にわたしにはキルトがあり、こうして充実した今がある。だからこそ少しでもよりよいキルトを作るために、1日1日をきちんと生きたいと思い、私のアンテナは今日もピンと張っている気がします。きっと、キルトに向かっている自分が好きなのかもしれない――。そんな気がしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
back