Shizuko Kuroha Profile


                              photo by Akinori Miyashita
 1938年山口県徳山市(現・周南市)出身。1975年から2年間の米国メリーランド州ベゼスダ在住中にキルトに出会い、38歳にして針を持つ。
 まだ日本にキルトが知られていない状況だったため、この手法を日本の女性に広めたいと、帰国後、日本の藍染めで作品を作り、黒羽キルトサークルを主宰。日本におけるキルト創成期に立ち会う。
 自然や空想から得たイメージを元にして作られた作品群は独自の世界を築き、日本の布の魅力を世界に紹介する役目も果たす。ロバート・ジェームス氏所蔵の「絣帳」「冬の日本海」はネブラスカ大学キルト博物館に寄贈され永久保存されている。
 現在は東京、藤沢、札幌、神戸、広島、福岡に教室を持ち、毎年、グループ展を開催。1980年から出版された著書は30冊を超え、キルト活動は日本各地およびアメリカ、台湾、ヨーロッパで行われている。
 1997年には西荻窪に藍染めを中心にした布地と作品のショップ「nuno space 黒羽」をオープン。キルト歴40年を迎え、ますます精力的に活動中。
ホームへ戻る