ユビヌキ
指ぬきは2つ使っています。ピースワーク(布を縫い合わせる)する時は、 右手の中指に、キルティングする時は左手の中指にも針を受けるためのものをはめています。 以前は指ぬきを使わずに爪や指の腹で受けていたので指の皮がむけ、爪はぼろぼろ。 それを勲章のようにアメリカのキルター、マイケル・ジェームス氏に見せたら「そんなことは自慢にならないよ。 自分の体を守ってあげなくてどうするの!」というようなことを言われ、それからはちゃんと指ぬきをするようになりました。

私が愛用している指ぬきは、銀座の英国屋の仕立職人でいらした方が使っていたものです。生徒さんのおじいさまの遺品からでてきたものを復刻しました。 市販されている欧米の人が使う金物でできている指ぬきは、使い慣れない時に選ぶと、どのサイズがピッタリなのかわからず、 また合わない指ぬきほど使いにくいものはありません。皮の指ぬきは慣れた頃に穴があいて指に針がつき刺さったり。

この指ぬきは珍しい形をしていますが、何といってもその特徴は、自分の指の太さに合わせられることです。 真鍮でできているのでやわらかく、広げたり狭めたりすることができるんです。 長年、働いてきた指にはたこができたり、節が変形したり、また朝夕や季節の変化で指のむくみも違ってくるので 自分の指にしっくりくるものがなくて困っている方がたくさんいらっしゃいます。そんな方に、ぜひ使っていただきたい。

使い方は、まず指ぬきをちょっと広げておいてから指をはめ、側面をきゅっと押さえ込むと自分の指に沿います。 振っても落ちなければ大丈夫。指ぬきのふたの部分は内側に入れ込んでおくと、縫うときに他の指にあたりません。 人によっては指ぬきの窓の部分を下に向けて使っていたり、ちょっと斜めにはめたり、どんなはめ方もできます。 窓があるから、爪が伸ばせていいという声も聞きます。ちょっとずつ位置を変えてあげると、 毎回同じところに針があたって穴があくということも防げます(といってもあまりないことですが)。  
合わせ方

1.  2.  3.


      

   【受け側の指抜きの例】   【両手にはめた場合】                 
 【 効き指側の例 】

 1.まず指抜きを少し広げ、指を差し込みます。


 2.次に、爪の両脇を指のサイズに合わせ押さえます。


 3.最初に広げた部分を上から指に合わせて完成です。


 ・ピーシングにはかぶせの部分、キルティングには先端部と両用できます。

 ・かぶせの部分を内側に入れると糸がひっかかりません。

 ・人差し指に生ゴムの指サックをはめると針を引き抜く時に滑らず、とても楽にひけます。

 ・受ける方の指には反対にはめていただき、両手に使う事ができます。
 

                 back