サポーターとゴムサック

  指ぬき同様、自分の体に負担がかからによう作業をすることは、とても
  大事なことだと思います。誰にでもくせがあり、それらが肩こりや腱鞘炎
  につながったりして、キルトをするのがつらくなってしまうのでは元も子も
  ありません。

  私は腕を痛める前に予防の意味をかねて、かならずサポーターとゴムサ
  ックをします。
  針を持つ手の人差し指には、第一関節の長さに切った生ゴムの指サッ
  ク。誰にでも経験があるとおもいますが、縫いすすめていた針を引くとき
  に、針がすべって2度も、3度もクッ、クッと針をつまむ指に力を入れて引
  っ張ったりしていませんか?これを繰り返していると腕の筋に大きな負担
  がかかり、しまいには腱鞘炎になってしまいます。
  しかし、このゴムサックをはめれば針がすべらず、一度で引き上げること
  ができます。ベッドカバーサイズのキルトを一枚仕上げるのに、指サック
  をはめないでクッ、クッと3度も引き上げていたら、3枚分のキルトをしてい
  るのと同じことになってしまいます。

  それから、サポーターは手首をしっかりと固定してくれますので、腱鞘炎
  予防はもちろん、すでになってしまっている方にもおすすめです。このサ
  ポーターのおかげで腕の痛みを抑えることができ、キルトを続けられたと
  嬉しい感想をたくさんいただきました。左の写真では、私はサポーターを
  裏返してはめていますが、長時間にわたって使用する場合、サポーター
  の縫い目があたらない方が、なおいいだろうと考えたからです。

  指ぬき、サポーター、指サックの3点セットは自分のための大事な道具な
  のでした。

                      back