ルレット




  私はキルトラインを引くのに、つのべらかルレットを使います。
  主に直線の印つけはつのべら、カーブにはルレットと使い分け
  たりしています。

  つのべらやルレットでしっかりと印のついたキルトラインはずっと
  跡が残っていますし、特に藍染めの作品の場合、夜でも印の部
  分が光って見えるのがありがたい。それにチャコや鉛筆で描くの
  と違って、印の部分がしっかりとくぼんでくれるわけですから、そ
  の上をキルティングするのはとても楽なのです。

  このルレットは歯がギザギザではないので、こうした印つけに
  向いています。へらには右利き、左利きがありますが、これは
  どちらの人も使えるし、つのべらより安価で磨り減らないのが
  いいところ。もちろん直線も引けますが、小回りがきくのでカー
  ブに適していると思います。それからアップリケの場合、これで
  しっかりと縫い代の線引きをしておくと、こてやアイロンで縫い代
  を倒す必要がないくらいで、楽にまつりつけることができます。
  こうした思いがけないメリットを発見すると、なんだか得した気分
  になってひとりで喜んでしまいます!  




                back