リッパー

  黙々と絣の野良着をほどきながら、次の作品のアイディアを練っ
   たり、仕事の段取りを考えたり、こうした時間は普段いそがしい
   私にとって、ゆっくりと思いをめぐらすことのできる貴重なひとと
   きです。でもスムースにほどけなかったら、イライラとして考える
   どころではなくなってしまいます。

   仕事で海外に行ったとき、とても便利なものを見つけました。そ
   れは医療用の抜糸のための薄い刃でした。
   カーブの部分すべてが刃になっていて、これは裁縫の分野でも
   活躍してくれるぞ、とためしに使ってみたら予想通り!!
    
   いわゆるリッパーはU字型で、くぼみの底が刃になっています。
   その部分で縫い目をほどこうとすると、先が布に引っかかったり
   意外と手間取ります。
   しかし、この写真のリッパーはカーブの先で縫い目をちょんちょ
   んとひっかけるだけで簡単にほどけるし、くけ台で布を張りなが
   ら縫い目を引っ張っておけば、ますます効率よく仕事がすすみ
   ます。

   こうした野良着などの古布を扱う人たちが愛用してくださり、指
   が痛くならないように、かわいい端布に両面テープを貼って、
   リッパーの柄の部分にくるくると巻いて使っているのを見せて
   くださいました。薄いので邪魔にならないし重宝しています。



                     back