庄三郎のはさみ

  はさみは、型紙を切る紙切り用、布を切るときの裁ちばさみ、
  糸を切るときに使う糸切りばさみなど、用途によっていろいろあ
  りますが、針にしてもはさみにしても職人さんの心意気が感じ
  られる道具は、スパッと歯切れがよく、仕事が気持ちよくすす
  みます。

  庄三郎は元々が刀鍛冶の老舗だけあって、その切れ味といっ
  たら見事です。正真正銘の刃物といった感じ。
  私が普段、愛用しているのはスラッシュキルト用に先を細くし
  た庄三郎の「スラッシュタイム」というはさみです。スラッシュ
  は基本的に重ねた布の3枚を一緒に切らなくてはならないわ
  けですが、これがこのはさみだと本当に小気味よく切れます。
  6.5mmより細く縫ってしまってレールが入らない場合や、レー
  ルの届きにくいところなど、それ以外にも、糸を切るとき(はさみ
  の先がよく切れないと糸がボサボサとなってしまい、次に通す
  とき苦労しますし、切り直さなければいけません)にも使って
  います。

  はさみを長持ちさせるには、日頃の手入れが肝心です。言うま
  でもありませんが、つい紙も切ってしまうなどは厳禁です。紙に
  は石の細かい粒子が混ざっていますから、刃がかけて傷んで
  しまいます。
  私はいつもジャムなどの空き瓶にミシン油をしみこませた端布
  を入れ、手元に置いておきます。一日の終わりにこの布でハサ
  ミの刃を拭いておくのです。よく見ると、はさみには裁断したとき
  にでる布の粉がついています。これを使うたびに拭いて、手入れ
  を怠らなければ、いつでも気持ちよく仕事ができるのです。ここの
  はさみは研ぎにも出せますが、はさみは噛みあわせが命ですか
  ら、プロに研いでもらうことも大切です。

                   back