針によってずいぶんと縫いやすさが違うことをみなさんはご存知ですか?アメリカではキルト用という針を使っていましたが、いくらアメリカのキルトが200年の歴史を持つとはいえ、日本の手縫いの歴史は古いし、きっとアメリカの針(実際にはメイド・イン・イングランドでした)よりいいものがあるはずだと探しにかかりました。

縫い物こそしたことのなかった私ですが、針は京都のみすや針と頭にありました。デパートの京都物産展で「山口忠兵衛みすや針」が出ていたので、針の長さ、太さ、穴の大きさをよく見比べて選んだのが日本刺しゅう針の「間中」でした。そのころ3本千円で驚きましたが、職人が一本、一本手打ちして作ったものという説明で買ってみました。

さっそく使ってみると、針ってこんなに先が鋭かったのか!と感動するくらい布の糸と糸の間に針がスッと入っていきます。無理に押し入っている感じがしないのです。ちょうどその頃、京都に旅行した人にお土産でいただいた針を使ってみましたら、その中にやはり日本刺しゅう針の「間中」「間太」がありました。値段を聞くと一袋千円で本数が手打ちの針の5倍以上入っていました。しかも手打ちほど穴が平たくなくキルトにより適していて、針の先は鋭いのに穴は大きく、眼鏡なしでもスイ!と通ってくれるのです。

針の穴といえば、針に糸を通すときスーッと通るときと、穴は見えているのになかなか通らないときがありますよね。そこで眼鏡をかけて針をじっと観察してみました。すると私にしては大発見。針にも表と裏があるのです。ボール紙に穴を開けるのにキリを表から裏に差し込むと、表側がくぼんで裏側がぼさぼさになりますネ。あんなにひどくはないけれど理屈は同じです。この話しを針屋さんにしたら「いやあ、まいったなあ。たしかにそうです。よく気づきましたね」と頭を掻いていらっしゃいました。それからは、一度針がツンとぶつかると針を回します。スルリと気持ちよく通りますので、みなさんもぜひ試してみてください。

今では「相細」「間中」「まつり」「ニードルターン用まつり」「しつけ」の5種類の針を使い分けています。「相細」は「間中」より短く、ピーシングとキルティングの両方に使っています。短いのでつまむと針先が指の先から数ミリしかでません。なのでおのずと針目が細かくなり安定します。「間中」はキルト綿が厚いときに。用途別に使い分けると、よりよく仕事ができるのです。

                   
back